無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

つづき

→過食や拒食いわゆる摂食障害の場合、言葉によるカウンセリングだけでは限度がある、と私は考えています

→つまり、セラピー(心理療法)が特に大事なわけです

→手順としては まず、今までのいろいろな出来事について ていねいにカウンセリングを進めていきます

→つづいてセラピーを加えていきます

→身体感覚や感情・気分に焦点を当てていきます(フォーカシング)

→動作療法

→イメージ療法

★上下にある広告は、当相談室とはいっさい関係ありません。
▼電話
0279233450



FC2無料ケータイHP