【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
お金くれるおじさん
累計アクセス:194人
<Last Update>
2018-08-28 20:06:15
私はお金くれるおじさんと呼ばれている。一緒にコーヒーを飲む。お金をくれる。
一緒にファミレスで飯を食う。お金をくれる。一緒にパチンコをする。お金をくれる。一緒にデパートに行く。お金をくれる。

何でも付き合ってくれたらお金をくれる。

妻には5年前に死に別れた。妻は相当な財産を叔母から相続していた。妻が亡くなり、その財産は私のものになった。しかし家には私一人である。
金はあるが仕事はない、する事もない、友達もいない。家に居ると憂鬱になって来る。妻の遺影だけが目の前に大きく見えてきて、たまらなくなる。

金はあるが金の使い方を知らない。
そう今まで安給料のサラリーマンで、生活するのがやっと。贅沢などしたことが無い。
高級レストランにも旅行にも海外にもコンサートにも行ったことが無い。買い物は近くのスーパーだ。
パパ活サイトを使ったパトロンの見つけ方
そう妻の叔母が亡くなる前は。 叔母から遺産が入ってからは、妻は結構あちこちで友達と楽しんでいたらしい。しかし遺産でお金がある事を知られると、大変な事になると言って、友達にはその事を明かさず、お金のある事を隠していた。 だからそんなに金遣いに変化は無かった。 その妻が死んだ。私は一人。世間や友達なんて私には関係ない。 妻が亡くなった直後は寂しさから、繁華街のキャバクラに良く行った。お金は出し惜しみしなかったので、女の子には人気だった。チップも弾んだ。キャバクラでお金くれるおじさんになった。 しかし半年で飽きた。女の子は金目当てで、私の事に関心を持ってくれる子は一人もいなかった。私は絵に描いた様なお金くれるおじさんだった。 そこでキャバクラにはうんざりして、ある居酒屋で知り合った男子大学生に、付き合ってくれたらお金をあげる。別にセックスは求めない。喫茶店でもデパートでもパチンコでもファミレスでも何でも付き合ってくれたらお金をあげると言って、だれかそんな友人居ないかと相談した。 彼にはメールアドレスを教えた。 いくつかのメールが来た。 彼らにはちょっとお金に困ったら、仕送りが遅れたら、便利なお金くれるおじさんが居る、と評判になっているらしい。 今は大学生の男女と、普通のショッピングやハンバーガーや街歩きを楽しんでいる。 ホ別イチゴ 別苺

FC2無料ケータイHP