【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
家出女性

累計アクセス:140人
<Last Update>
2016-05-04 16:35:35
俺と彼女が出会った時、彼女は23だった。
彼女は「家出中」って笑って自己紹介してたけど、家出少女という年齢じゃないから、家出娘?家出女性?そんな感じだった。
「仕事は?」って聞いたら、「色々」って笑ってた。
なんていうか、彼女、普通と違うって雰囲気があったんだよね。どこか、浮世離れしてるみたいな。
俺、家出女性のイメージって、もっとドロドロしてるようなの思い浮かべてた。
奴隷みたいに働かされて、ご飯も与えられないような環境だったり、虐待受けたりみたいな、現代社会の闇ってか病みみたいな感じの。
だけど、俺が知り合った、この家出女性はそういう暗いドロドロしたのとは無縁みたいな、どこか底抜けに明るいっていうか、どこまでも人間を信じてるみたいな、素直さがあってさ。
神待ち【女の子を部屋に泊めてエッチしている大学生です】
道端で、ちょっと話しして、で、メシでも食うかって一緒にファミレスにいってさ、そこでまた色々聞いたら、なんかとんでもない事実が発覚してしまったんだが。 この家出女性、旧家のお嬢様だった。 家のしきたりとか伝統とか、そういうのがうっとおしくて、うんざりして、それで20歳過ぎてから、ずっと旅してるんだって。 旅先でバイトしたりしながら、転々としてるらしい。 「それ以来、実家に戻ってないわけ?」って聞いたら、一応、兄には連絡してるって。 その兄も、霞が関の超エリートっていうんだから、もうなんか俺なんかと住む世界が違うわけよ。 「どうせ、どこかのぼんぼんと政略結婚させられるんだから、今のうちに好きなことやらないと、元が取れない」ってその家出女性は笑ってた。 期間限定だから、余計にきらきらして見えたんだろうな。 婚活 夢を応援



FC2無料ケータイHP