【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

≫≫続き

あさみ、「くすぐったい。でもちょっと気持ちいい」
明かり調節が終了して、舌を絡めてのキス。
唇が柔らかく、ふっくらしてて気持ちいい。
あさみも積極的に舌を絡めてくれる。


あさみも、「ハァー」と息をもらす。
俺は部屋着を脱がすと、あさみはパンツ一枚はいてた。
おっぱいはcカップ。バランスがとれていてキレイだ。
そのオッパイを舐めると、
あかり、「あぁー、おっぱい気持ちいよ」
俺、「こっちは?」(パンツの上から触る)
あかり、「んー、もっと気持ちいw」
俺はしばらくパンツの上から触っていた。
もちろん、パンツが湿ってく。
あかり、「アァッ、パンツ汚れちゃうから脱ぎたい」
パンツを脱がせる。
すると、思わず見入ってしまう。

パイパンだったため毛が生え始めていた。
これには、ちょっと興奮。
あさみも、「恥ずかしいからあんまりみないで」と言う。
俺は、構わず生え始めた毛を触りつづけ徐々にマンコの方へ
いきクリトリスを触る。



FC2無料ケータイHP