【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

≫≫続き

あさみも「ンンッ、アッ、ハァ」と声は小さめだが、
小刻みに息はもれる。
そして、結構濡れ始めた所で色々な所にキスをしながら
マンコを舐め始めた。

「あぁぁ」と一瞬声を荒げたが、また小刻みな息が漏れる。
あさみ、「ねぇ、気もちいぃよ、ハァー」
俺、「指も入れてみる?」
あさみ、「入れて!」
俺は、舐めながら指を入れて動かす。
「ハァァァー、アァァー」、あさみの声が大きくなる。
すっと舐めながら指を動かすと汁がさらに溢れる。
あさみ、「ホンと・・・気もちぃよ、ハァァー」
俺は、更に続ける。
「なんか、ハァー、イクかも、イッちゃうぅぅ」とあさみは
声をあげイってしまった。

あさみ、「おもちゃ以外で久しぶりにイッちゃった」
俺、「そりゃ、よかった。」
そして、すぐさま中指、薬指の二本をマンコに入れ上の方をコスリあげた。
あさみ、「アァ!ハァッ、イヤッ!ダメ」
潮を吹いた。
そしたら、あさみはすぐさま起き上がり、「何?何?なんか出たよね?」と一事。
俺、「潮でただけだよ」



FC2無料ケータイHP