【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
パパ活アプリ

累計アクセス:118人
<Last Update>
2018-12-26 16:40:07
さえない中年。それが俺だった。
そんな俺がパパ活アプリを始めたのは、嫁の言葉がきっかけだった。
「あなたもそうだと思うけど、私もあなたにもう男性を感じないわ」
嫁としては何気ないコミュニケーションのつもりだったのだろうが、もう何年もセックスレスだった身としてはショックだった。
嫁さえよければ、俺は嫁とセックスだってしたいと思っていたのに、気が付いたら触れられるのを嫌がられ、そのまま月日は過ぎたのだ。
セックスがしたいというわけではなく、誰かの温かさを感じたかった。
そんな俺が出会ったのがパパ活アプリだ。
パパ活アプリは若い女の子にお小遣いをあげてデートしてもらうそんなアプリだと部下に聞いた。
最近の女性は名ばかり部長の俺に敬意を払うわけでも、毛嫌いするでもなく、ただ視野に入っていないので、若い子と食事をするなんて夢のまた夢だった。
パパ募集をして見つけた3人のお金くれる人から合計20万円超の副収入
俺はさっそくパパ活アプリを用いて、一人の女の子と待ち合わせをした。 待ち合わせ場所に着くなり、彼女は笑顔で腕を絡めてきた。 その仕草が、結婚して出ていった娘のようで、胸がギュッとするのがわかった。 食事をして、ウインドウショッピングをして、彼女と沢山話した。 最近流行っているテレビ番組のこと、好きなブランドのこと、仕事の愚痴。 俺も彼女に負けじと沢山話した。 仕事のこと、若い部下にどう接していいかわからないこと、嫁のこと。 彼女はまじめに話を聞いてくれた。 「おじさん、セックスレスって辛い?」 彼女は不意にそう尋ねてきた。 「うーん……辛いかどうかはもうわからないな。ただ寂しいかも」 俺がそう答えた。彼女はそんな俺を見て、 「本当に寂しくなったら読んでね。私おじさんとならいいから」 そう言った。 俺は驚いたが、俺に抱かれてもいいと言ってくれる女性が一人でもいることが嬉しくて、不覚にも涙が出た。 「ありがとう、でも嫁とももう一回向き合ってみるよ」 俺がそう伝えると彼女はにっこりと笑って頷いた。 筆おろし 筆下し



FC2無料ケータイHP