無料ケータイHP
正しい知識で権利を主張

賃金・残業代を請求する相手は、賃金・残業代をきちんと支払ってくれない会社です。
曖昧な知識や間違った考え方に基づいて権利を主張すると、言いくるめられたり相手にされない可能性があります。
ですので、賃金・残業代に関する正しい知識に基づいて権利を主張し、請求しましょう。
また、支払われていない賃金・残業代を請求するには、その金額を正しく計算しなければなりません。
正しく計算するには、労働時間や割増賃金などの決まりを理解する必要があります。
その決まりは、会社が行っている給与計算と同様に、労働基準法にあります。
労働基準法の該当する内容を正しくし理解すれば、会社側の反論があったとしても、丸めこまれたりひるむことなく正々堂々と対応できます。
法律なんか難しいとお考えの方は、労働法規の専門家である社会保険労務士にご相談されることをお勧めします。
労働基準法については、特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。
▼電話
行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所へ電話
労働トラブルなら、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。 未払い(不払い)賃金・残業代のことなら、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。



FC2無料ケータイHP