無料ケータイHP
離婚協議書(合意書)

離婚協議書(合意書)とは、離婚届を提出する前に夫婦で話し合い、合意した内容を書面にしたものです。一般的には、離婚すること、未成年の子どもの親権・養育費・面接交渉、財産分与、慰謝料といった内容について、取り決めを行います。離婚協議書は、夫婦で築いたものを清算するために作成するものですが、本当の目的は、離婚後のトラブルを防止することです。
例えば、未成年の子どもについて、養育費が定められていなかったら、どのようなトラブルが考えられるでしょうか。妻(母親)が親権者となって子どもを育てるとしても、子どもを養育するための費用は、別れた夫(父親)も負担する義務があります。しかし、離婚後に養育費の入金を拒む夫は、跡を絶たないのが現状です。このような事例も、事前に離婚協議書を作成していれば、トラブルの抑止効果があったはずです。仮に、口約束をしていたとしても、言った言わないの水掛け論に終わり、約束が守られない場合の対応・救済が困難なのです。
協議離婚をするなら、ぜひ、離婚協議書を作成してください。行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所では、離婚協議書の作成業務を行っております。お気軽にご連絡ください。
▼電話
行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所へ電話
離婚後のトラブル防止のために、離婚協議書を作成しましょう!



FC2無料ケータイHP