無料ケータイHP
均等待遇調停会議による調停

均等待遇調停会議による調停とは、パートタイム労働法に基づくもので、調停委員が、当事者であるパートタイム労働者と事業主から事情を聴取して調停案を作成し、両者に調停案の受諾を勧告することにより紛争の解決を図る制度です。
調停の対象となるのは、下記の内容(概略)についての紛争です。
・労働条件の文書交付等
・待遇の差別的取扱い禁止
・職務の遂行に必要な教育訓練
・福利厚生施設の利用の機会の配慮
・通常の労働者への転換を推進するための措置
・待遇の決定についての説明
調停は、裁判に比べ迅速かつ簡便で、当事者双方の譲り合い・歩み寄りで解決をめざすところに特徴があります。法律では、労働者が調停の申請をしたことを理由として、事業主が労働者に対し解雇、降格、減給などの不利益取扱いをすることを禁止しています。
均等待遇調停会議による調停については、特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。
▼電話
行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所へ電話
労働トラブルなら、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。 未払い(不払い)賃金・残業代のことなら、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。



FC2無料ケータイHP