無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
勇気のチェリーパイ〜5〜
ぴよタン・・・分かる?
「?????・・・分かんない」
ある日、む〜んと、智兄ぃがお使いの帰り道、
緑ちゃんがポツンと、立っていた、
「寒いから、お入りよ」(智くん)
黙って、カウンターに座る、緑ちゃん、
コト、コト、コト、
智兄ぃの入れる、みるくココアの音だけが、鳴り響く、
しばらくして、
「どうぞ」
智兄ぃは、緑ちゃんにみるくココアを出して、
「食べてごらん」
そう言うと、緑ちゃんは食べた、
あれ〜〜〜〜緑ちゃんの目から大粒の涙、
「やっぱり、お父さんに、食べさせてあげたい」(緑ちゃん)
智兄ぃは、潤兄ぃの事を話し始めた、
「お母さんの味に似ているのは、分かるよ、でもね、
お母さんは、お母さんの味、緑ちゃんは、緑ちゃんの味で
良いのではないかな〜〜〜、それを、潤は教えたかったんじゃない、
潤のチェリーパイは何も特別なんか入っている訳じゃないよ」
「えっ、」

FC2無料ケータイHP