無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ


以前に一度友喜に言われやめようとしたが、やはり俺にも世間で言われるような禁断症状が表れた。あんなに輝いていた世界がガラッと色を変えすべてが闇に包まれた。様々な幻覚や幻聴に悩まされたったの一週間で再び薬に手を伸ばしてしまっていた。そんなことがあって以来、薬を手放せない生活が続いた。どうしていいか分からず、しかも止める時に起きる禁断症状の恐怖に負け、やめるという気は起きなかった。だが、薬には不自由しなかった。ヘブンでただ同然で働きながら、その分薬を貰っていたからだ。



FC2無料ケータイHP