無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

12

「いいか!このライブの為に今まで一生懸命やってきたんだ!間違えてもいい!今、自分が出来る精一杯の事をやろう!」友喜は、精一杯みんなを励ましていたが、緊張の色は隠せていなかった。顔はこわばったままだった。「よし!まだ少しは時間あるからリラックスしとけよ!…何か質問あるやついるか?」……その言葉に俺は答えた。「あのなぁ、そんな顔で言われてもリラックス出来ねぇよ。あぁ!我慢できねぇ!…トイレ行ってもいいか!?」…俺は叫んだ。



FC2無料ケータイHP