無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

14

「今日来てくれたやつら本当…本当にサンキュー!!こんなに来てくれるなんて思ってなかったから…」…俺の目には涙が溢れた。「とにかく!!みんなの期待に答えられるように歌うから聞いてくれ!!虹の彼方に!!!」…ジャーン!!!「きっと見つけられなかった。君と言う名の宝物。だからこそ君に歌うよ。どこまでもこの歌が響くように。」………俺は、一生懸命に歌った。周りは俺らの曲に吸い込まれるように聞きいっていた。そんな中で、俺は見知らぬ学校の制服を見つけていた。…「あれは、どっかの女子校だな…」



FC2無料ケータイHP