無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

16

ふと、女子の事を思い出しそちらに目をやったがすでにそこに彼女の姿はなかった。「一体何故…」…その答えを知る事ないまま俺達は、ライブの興奮冷めやらぬままで反省会へと向かった。「お前ら最高だったぞ!!こんなに興奮したの、小学校の運動会以来だよ!」「はっはっは!なんじゃそりゃ」…友喜と他のメンバー達は盛り上がっていた。しかし俺は、どうしても「涙」の理由が気になっていた。俺の様子を察したのか、友喜が話かけてきた。「おい!善文!お前あんな最高のライブやっといてなんだこの野郎が!!」



FC2無料ケータイHP