無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

22

「……パサッ」手紙は地面に落ちた。その時の俺は、驚きと感激のあまり動けずただ呆然としていた。「トゥルルルル」と、突然電話が鳴り響いた。「!?」俺は急いで電話を取った。「はい。もしもし。」…今思えば、その電話から全てが始まった。あの電話さえ取らなければ、俺はこんなにも傷つくことは無かったのかもしれない。―――だが、そんな事あの時の俺には分かるはずもなかった。――その電話は、警察からだった。「もしもし。高藤さんのお宅でしょうか?」「はい。そうですけど何か用ですか?」



FC2無料ケータイHP