無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

26

「――。」だが、そんな俺の叫びに答える者はいなかった。「高藤君…。君はもう大人だ。今の君にならこの事実を受け入れられるだろう。」…「えっ!?」医師の言葉は俺には何のことかさっぱりわからなかった。「ついて来なさい。」そういって、言われるままに医師の後ろをついていった。…どれくらい歩いただろうか?階段を登ったり、下ったりしながらある場所にたどり着いた。「ここだよ。君なら大丈夫だ。しっかりと現実を受け止めるんだ。」「ゴクン。…ガチャ!」そこは薄暗い電灯が一つあるだけの小部屋だった。



FC2無料ケータイHP