無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

次へ

なんとそこには、いつも自分が見慣れたものがあった。「えっ!?」……俺はしばらくの間何も考えられなくなった。まるでコンピューターがフリーズしたかのように――。…高…藤…君…高藤…君……高藤君!!「!?」俺は、自分の名前が呼ばれた事で気を取り戻した。「大丈夫かい?これがどういう事か君に分かるかい?」…分かるはず無かった。いや、分かりたくも無かった。「分かりません。一体どういう事なんですか?」…「―実はね……」医者が話始めるなか俺は母さんの体をもう一度見た。そして、俺にはある感情が芽生えてきていた。



FC2無料ケータイHP