【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
オナ電
累計アクセス:22人
<Last Update>
2017-07-06 11:26:25
風俗にいくのは気が引けるけれど、彼女ができるのを待っていても
一向に動きがないので全然セックスができそうにない。
ナンパして女の子が捕まえられればいいんだけれど、何度もトライしては
みたものの心がへし折られる一方でてんでつかまらない。
なぜこんなにもセックスがしたくなるものなのか不思議になる。

ネットをだらだらと閲覧していたところ、オナ電という言葉が
目に入ってきた。
ネット上で気になる女の子を見つけてオナ電ができるらしい。
これなら実際に会うわけではないから抵抗もないしできそうだと、俺は
さっそくオナ電をしてみることにした。

初めてのことだったので優しそうな女の子がいいな、でもリードしてほしいな
なんて思いながら女の子を探した。
オナ指示
女の子を選んで電話をしてみた。 相手が出るまでそわそわしてきってしまいたくなる衝動をなんとか抑えて 電話に出るまで待った。 「もしもし。じゅりです。」 電話に出た女の子は想定していた通りのかわいらしい声だった。 なんだかそれだけで興奮してきた。 「初めまして。僕オナ電初めてなので」 ともじもじしていると女の子は優しく笑って僕をリードしてくれた。 「ねえ、触っていい? とかすれ声でささやいた。 とても色っぽくてかわいらしくて、この声を録音して毎朝目覚ましとしてききたいなと さえ思ったほどだ。 癒されるとともに興奮もしてみた。 手は自分のものだったけれど、電話の向こうの女の子が触ってくれているのだと自分に 言い聞かせて触った。 エロチャット エロチャット

FC2無料ケータイHP