【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
愛人生活
累計アクセス:186人
<Last Update>
2018-07-19 10:59:50
最近妻とご無沙汰していることもあり、無性に人肌恋しくなることがあります。
僕の場合、子どももいる為に、下手なことはできません。
そこで、出会い系サイトで愛人生活をしてくれる女性を見つけようと考えました。
さっそく、インターネットで検索をしてみると、意外にも沢山のサイトと書き込みが出てきたのを見て、僕みたいな人が世の中には少なからずいるものだなあ・・と、しみじみしてしまったものです。
女性の書き込みに応募しても、返事が来るかわからなかったので、とりあえず、僕から書き込みをしてみて、それに連絡をくれる女性を待つ方針にしました。
書き込み内容は迷いましたが、「僕と同じように、愛人生活を送ってみたい女性はいますか?即決で大丈夫です。」とシンプルにしました。
すると、1時間も経たないうちに、1人の女性からメールが。
彼女曰く、「夫とセックスレスになってしまって、人肌恋しいです。」とのことで、妙に親近感がわいた僕は、すぐに返信をしました。
愛人の募集
彼女も同じ気持ちだったようで、僕たちはすぐに会うことに。 「こんにちは〜、ミキです。」と現れた彼女は、こざっぱりとした癒し系の女の人。 初対面だし、軽くお茶をしようかとも思いましたが、お互い人肌が恋しいわけだし、すぐにホテルに行きました。 ベッドに座った彼女曰く、「しばらく夫としていないから、アソコがうずうずしていて・・・後ろから舐められるのが好きなんだけど。」とのこと。 素直に自分の性癖を告白した可愛らしい彼女。 僕は、すぐに彼女を四つん這いにして、パンツを下ろしてあげました。 むわっと女性特有の匂いが漂いますが、それが僕を煽りました。 ぺろっ・・くちゅ・・ぴちゃ!っと音を立ててあげると、子犬のようにかわいい声を出す彼女。 「待ってえ!今日はまだイきたくない!!」という彼女の意向に従い、そこでストップしました。 約束だったものを渡して、次回の約束をしました。 あれからもう何年も経ちますが、お互い秘密厳守の上、彼女とは定期的に愛人生活を楽しんでいます。 愛人募集掲示板 パトロン

FC2無料ケータイHP