【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
プチ援交
累計アクセス:19人
<Last Update>
2019-09-21 10:31:14
もともとはプチ援交だったのですよ。どの程度かと言うと、会ってお茶して手を握ってハグしてバイバイするくらいの清らかなものでした。エンコーに清いも何もあったもんじゃないですけど、チンコとマンコが接触することはなかったのですから健全な関係だったのではないですかね?世のチンコ星人方々にとっては「そんな関係の何が楽しいの?」と思われるかもしれませんが、当時の僕はその程度で十分だったのです。プライベートではデートしたことすらなかったですからね。
ところが、まあ、何がどうなるかわかりませんね。そんな僕でも今では結婚していまして、奥さんがその時のプチ援交の相手だったんですよ。
オナ友
彼女は当時の僕のお気に入りでして、月に1回はデート援する仲でした。当時、僕はデザイン関連の仕事をしていて、彼女はデザインの勉強をしている学生でした。そんな共通項も気が合った理由ですね。もちろん、援助ですからそこにお金は絡んできて、僕と彼女の関係はビジネスで成り立っていたんです。僕は単純に「かわいいな。この子と本当のデートだったらいいのに」なんて思いながらも、それでもお金を払っているから付き合ってくれているんだという割り切った考えでデートは楽しんでいました。 ただ、これは10年以上前の話なんですよ。勤め先の経営が厳しくて給料未払いまで発生しまして、僕もさすがに懐が苦しくなってね。金の切れ目が縁の切れ目でした。その後、会社は倒産、僕もプチ援交にお金をつぎ込んでいたので貯金はなし。住むところさえままならなくなってネカフェ難民までやっていた時期がありました。 そんな時に彼女と再会したんですよ。彼女は学校卒業後、デザインの会社を立ち上げて大成功させていたんです。僕のことも覚えてくれていました。あの時に援助してくれたお金でこの会社を作れたようなものです、と感謝さえされましたね。 ただ、今は援助してほしいのは僕の方だったんですよ。だから、恥を忍んで「雇ってもらえないか?」と相談したんです。すると、彼女から「もっといい就職先を教えてあげますよ」と紹介されたのが、彼女の旦那さんと言う仕事だったんですよね。僕は考えうる最大限の援助を彼女にしてもらったようなものです。プチ援交にお金を使い果たして一時期は死ぬ思いもしましたが、徳は巡り巡って自分のところに帰ってくるものなのですよね。 セフレの探し方 ヤリ目

FC2無料ケータイHP