無料ケータイHP
3 >>

 その中心部は一瞬のうちに、何が起きたか判らないまま人々も建物も蒸発し、爆風によって立つ物すべてなぎ倒されていった。それらが過ぎ去ったあとには、ずりさがった皮膚を引きずり、生ける屍のような姿の人々が多くつくられる。彼等の存在を許さないというように、戦争という狂気のなか、容赦なく爆弾が降り注いだ。優しさも悲しみも、それに伴う罪悪感もすべて荼毘にふすかのように。



FC2無料ケータイHP