無料ケータイHP
米大統領:サウジ国王と早期会談へ

米国のトランプ大統領は11日、サウジアラビア人ジャーナリストが失踪した事件を巡って、早期にサウジアラビアのサルマン国王と面会する意向を明らかにした。11日付でVOAが伝えた。

▼トランプ大統領は「誰も何も分かっていないが、深刻に受け止めるほかない」「これは悲しいことであり、良くない出来事だ。こんなことが起きたらいけない」と語った。

▼さらにファーストレディであるメラニア・トランプ大統領夫人が同ジャーナリストのフィアンセを近くホワイトハウスへ招く方針も示した。

▼この問題の根幹は外国公館の不可侵を定めた「ウィーン条約」の存在。外国公館に対する接受国の捜査権は相手国の同意がある場合に限られる。今回、捜査を行う側のトルコ政府も「ウィーン条約」を尊重する姿勢を示している。



FC2無料ケータイHP