無料ケータイHP
人はなぜ病むのか?病むとは?

≪人の心が癒されるとは?≫ 相談者(クライアント)の心の叫びを集約すると「あるがままの自分」を表すこと、となります。その「あるがままの自分」が裁かれることもなく、批判されることなく、指導されることなく、他者に受け入れられること、これが癒しなのです。 あるがままの自分になりきることができない−それは、本音が言えない、自分の考えを言えない、思った通りにできない等々です。社会的に生きていくということは、妥協して適応しつつ生きていくことです。それが「仮面の生活」です。そんな生き方から、素顔の自分で生きたいと願うようになる。それが葛藤をもたらし、心の病となります。そんな苦しさからの解放は、ありのままの自分を語り、さらけ出すことです。しかし、社会にはそんな「場」はなかなかありません。 その「場」こそセラピールームであり、精神分析(セラピー)によって相談者(クライアント)を援助するのがインテグレーターなのです。社会的にセラピールームやインテグレーターが位置づけられるとすれば、そこにこそ存在意義と理由があると考えています。どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 090-1951-1978 048-877-7567



FC2無料ケータイHP