無料ケータイHP
PTSD−心的外傷後ストレス障害

阪神淡路大震災や今回の東日本大震災などの未曾有の自然災害や大事故、レイプやDV、児童虐待など弱者への心身の虐待、現在の日本ではないが戦争参加帰還兵など、人智の及ばない災害や残虐行為によって心的外傷を受け、それによって過覚醒、侵入、狭窄など様々な症状により、日常生活や社会生活に大きな支障をきたしている。
それらはたった一度の体験の場合もあるし、家庭など閉鎖空間に中で、慢性的に被害をこうむっている場合もある。
地震や水害、土砂崩れなどによる自然災害の場合とDVや児童虐待、セクハラ、パワハラなどの場合は少し違う。
自然災害などのように多くの人が知る場合は、ケアを受けやすい状況にある。しかし、他者の目に触れないところでの虐待などはより深刻な問題となる。
それは何よりも気付かれることが少なく、ケアがされなかったり、遅れたりするからだ。
その中でも、児童や介護老人への虐待のように閉鎖空間内であるだけではなく、世話を受ける必要性のある側と世話する側の関係の場合がより深刻である 。
いずれも適切なケアと理解が必要だが、ここでは主に閉鎖空間でのPTSDとなり得る問題について考えてみたい。



FC2無料ケータイHP