無料ケータイHP
人見知りをする

生後8ヶ月前後になると、ママ以外の人が近づいてきたり、抱っこしようとするとすぐに泣き出す いわゆる「人見知り」をするようになる この「人見知り」は赤ちゃんの発達上、とっても大切な意味を持つと言われている というのは、ママとママ以外の識別ができるようになった証となるからである その最初に洗礼を受けるのが、たいていはパパ これは、赤ちゃんが自分の世話をしてくれる安心できるただ一人の人とは違うと認識したということを意味する つまり、ママが赤ちゃんの安全安心基地となったということ いわゆる「基本的信頼感」の基盤が出来始めたと言える 安全安心基地があるから、外に出て行けるのである 何かあったときはここに戻ってくればいいんだと思える場所ができてきたということ これが後に社会へ参入することをより容易にするといわれている では「人見知り」をしないということはどうなるか? 安心基地がないと、常に不安な気持ちになり ちょっとしたことで見捨てられるのではないか?といった不安感が突き上げてくる 常に落ち着かない気分になる 怖がりになったり、神経質傾向になったり、すぐに何かにしがみつきたがる などなどの傾向が強くなるようである



FC2無料ケータイHP