無料ケータイHP
大切な人(もの)との別れ

大切な人との別れ(死や別離や喪失など)を体験した時
《悲哀の仕事(喪の仕事)》と言われる経緯をたどりながら、その事実を受け入れるようにする必要があります。
「事実の否認」「抗議」「悲嘆」「受容」「再出発」
その人にとって必要な時間をかけて行うことが大切です。それらのことをしないまま、何でもないかのように振舞ってしまったら、後に何かをきっかけとして様々な症状が現れてくる可能性が高いと言われます。その人(もの)とのかかわりが深ければ深いほど時間をかける必要があります。逆に、今の症状が過去の悲哀の仕事を十分にしていなかった結果である場合もありえます。
それを分析によって明らかにし、悲哀の仕事を改めてやり直す事で症状が無くなる可能性が高いです。



FC2無料ケータイHP