無料ケータイHP
九星気学の歴史

九星気学は今から約3000年前の中国で誕生したものですが、九星気学が日本に入って来たのは江戸時代です。
江戸幕府ではこの気学を利用した街づくりが進められたことはとても有名です。
途中で気学を利用する事はやめたものの、開幕当初はかなり気学が重要視されていたのです。
気学のおかげで江戸幕府が270年もの長さを誇ることができたという説もたくさんあります。
皇室は現在でも気学を重視していると言われており、年間のスケジュールは大凶の方位を避けて作られているのです。九星気学は昔から現代に至るまで通用する統計学なのです。



FC2無料ケータイHP