【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
デート援

累計アクセス:56人
<Last Update>
2018-04-05 10:08:59
音楽が好き。人と触れ合うのが好きで私はクラブでバイトをしています。大きい音で流れる音楽を聴きながらお客さんにお酒を作ったり、たまにはお客同士が乱闘したりとバタバタしながら働いていますがそれでも仕事が楽しいです。そんなお客さんの中で40代ぐらいの男性が週2のペースで踊りに来ます。名前はタケちゃん。とても若々しく、周りの若者と違和感を感じさせないタケちゃんがとても素敵に見えました。
出会い喫茶でワリキリをする毎日
「サリナちゃんが作るお酒が一番美味しいよ。」「ありがとうございます。彼氏とかいるの。」「募集中です。タケちゃんは結婚していると聞きました。」「してるけど、今単身赴任だからね。だから、今度2人でデートしようよ。あっ、デート援ね。」「デート援ですか。いやらしいことするんでしょう。」「しないよ。1人で食事は寂しいから一緒に行けたらなと思って。サリナちゃんが望むならしてもいいけど。」「大丈夫です。豪華な食事でデート援なら行きます。」「やった。」こうしてタケちゃんと後日デートすることにしました。 デート当日。いつもガストやサイゼなど安いところでしか外食しない私が高級レストランで食事ができてテンションが高くなりました。「喜んでくれてなにより。やっぱり1人より2人で食事した方が楽しいね。」食事の後はお小遣いを本当に貰い、それからもタケちゃんと食事は何回もしました。そして、お互いが気を許し始めた頃には好きと言う感情が芽生え、私たちは不倫する様になりました。 「そろそろ奥さんがこっちに来るんでしょう。もう、2人で会えないのかな。」「なんとか、妻をこっちに来させないようにするから心配しないで。」私は音楽とタケちゃんに夢中です。 デート援交 エッチなしの援助交際



FC2無料ケータイHP