無料ケータイHP
慢性病の予防作用

主に、背骨を矯正することや背骨を支える筋肉等を緩めることにより、各々の骨(椎骨)から出ている神経反射部位の機能を調整することができるので、内臓に関係する慢性痛への病状緩和、あるいは慢性病の予防になる。(頭痛・不眠・五十肩・高血圧・低血圧・めまい・耳鳴り・心臓・胃腸・肝臓・腎臓にかんする病気・生理痛・不妊症)



FC2無料ケータイHP