無料ケータイHP
Header
鐘楼・梵鐘
現在の鐘楼は嘉永六年(1853年)の再建で、六本の柱をもつ珍しい形式です。柱の本数は「南無阿弥陀仏」の六字名号にちなむと言われています。梵鐘は寛文七年(1667年)鋳造の名鐘で、毎日の時の鐘として用いられています。平成八年には「日本の音風景百選」に選ばれ、平成十年二月七日の長野冬季オリンピックでは、この鐘の音が開会の合図として全世界に響き渡りました。

FC2無料ケータイHP