【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
無償支援
累計アクセス:10人
<Last Update>
2019-12-02 21:27:16
 あるSNSで知り合った人から、無償支援してもらうようになりました。
肉体関係は全くありません。
デートにお付き合いするだけなんです。
デートの内容は基本食事。
ディナーか、ランチのお付き合い。
たったこれだけなのに、万札を2枚も支払ってもらっているんです。

 就職に失敗して、フリーターをやっている23歳です。
こんなはずじゃなかったのになって、嘆いてばかりの毎日。
何が嫌かと言えば、お給料がとてつもなく安い。
現在就活も頑張ってはいるのですが、なかなか魅力的な仕事を探せない最中。
収入が少ないから好きなこともできない日々だったのです。
そんな嘆きを、思わず呟いてしまっていました。
パパ活掲示板
 Twitterは、たくさんの人にフォローしてもらっていました。 ごく初期の段階から相互フォローの関係にあった人なのですが、まさか富裕層だなんて思ってもいませんでした。 私が、就職に失敗してフリーターして、収入が少ないっていう呟きが気になったようです。 「遊びに行くこともできない感じ?」 「そうなんです。最悪なんです」 何となく相談にのってくれる、頼もしい人だなという気持ちを持っていました。 でもまさか、無償支援してくれる人になってくれるなんて、この時点では思ってもいなかったのです。  たまにリプのやりとりをしていた人なのですが、近場に住んでいることが分りました。 「食事ぐらいご馳走しようか?、もちろんそれ以外の下心は持ってないから安心して」 最近はろくでもないものばかり食べていた私。 この誘いが凄く美味しいものに感じてしまって、出かけて行くことになりました。  連れて行ってもらったレストラン、確実に高級。 ここでご馳走になって、本当に大丈夫なのと心配な気持ちにもなってしまうくらいでした。 料理はとっても美味しいし、相手の人は優しいし、幸福な時間を過ごせたって気持ちだったとき、お金を支払ってもらったのです。 食事の支払いの後、私に2万円を渡してきました。 「これ、食事に付き合ってくれたお礼だよ」 美味しい料理も食べさせてもらい、お小遣いまでもらって感謝でした。  以降、食事に誘われてはお付き合い。 そしてお小遣いを貰える関係を作ってしまいました。 こんな形で無償支援して貰えるなんて、考えてもいませんでした。 パトロンとは パトロンとは

FC2無料ケータイHP